医薬品とは病気を治療したり予防する薬

header
皆さん医薬品という存在は知っていても、実際どのようなものが医薬品か正しく理解していない方も多いのではないでしょうか。

よくテレビCMなどでも耳にする医薬品、風邪や病気をした際は、必ず服用すると思います。

薬というものは、正しくしっかりと知識を持って服用するのとしないのでは、人体に及ぼす危険性も大きく変わってきます。

医薬品にも様々な種類があり、おおまかにまとめて医薬品と呼ばれています。

医薬品とは、簡単にいうと人や動物の病気を治療、または予防するために使われるものです。

名称・成分・分量・用法用量・効能効果・副作用について調査をおこない、品質や有効性、安全性を厚生労働大臣や都道府県知事が認めたものでないと、世にでることはありません。

医薬品は、大きく医療用と一般用の2つに分けられており、医療用医薬品を購入、または服用する際には、医師の処方箋が必要となり、医療用医薬品の場合、医師が病気の患者を診察して処方箋を書き、その処方箋をもとにして薬剤師が調剤して患者に渡します。

簡単に説明をすると、病院で医師の診察を受けたときに、その症状や人体の状態に合わせて、治療薬としてもらうのが医療用医薬品です。

医師が患者の病状やアレルギー、体質などを考慮しながら、有効な薬を選択して用法や用量も決められています。もう一つの医薬品は、大衆薬とも呼ばれる一般用です。

大衆薬には、医師からの処方箋が不要で、薬局やドラッグストアなどで誰でも購入することができます。

近年では種類によって、ネット通販で購入することも可能となり、皆さんの身近な存在になってきており、医師の処方箋が不要ですから、一般の人が自分で症状を判断して購入することもできます。

しかし、大衆薬にも飲み合わせや副作用があるので、薬の注意事項や服用方法をよく理解し、購入する前には薬局やドラッグストアに在籍している薬剤師に相談をする必要もあります。
服用する際には、パッケージや説明書を読み、正しい用法用量を守って服用しましょう。

大衆薬は一般の人が気軽に購入することができるので、医療用の医薬品に比べて人体への影響はさほど大きいものではなく、作用を抑えることによって、薬の知識がない人でも飲みやすいようになっておりますが、あくまでも薬です、しっかり効果や副作用がある場合はそれを理解し、個人の判断、責任で服用する必要があります。

薬の服用には、正しい知識を持って正しく飲むことが、なによりも重要なことになり、誤った服用を続けると人体へ悪影響を及ぼすこともございますので、注意が必要となります。

Comments are disabled